国指定重要文化財 旧松本邸(西日本工業倶楽部)

国指定重要文化財の邸宅で、クラシカルな結婚式を

長い歴史と時間の積み重ねによってその景観の重厚さを感じられる結婚式場。
国指定文化財の旧松本邸で、永遠の愛を誓うことができるのが魅力です。
前撮り写真、料理、チャペル、すべてにおいて歴史と本物の品格を感じることができる会場で、VIP気分が味わうことができます。

 

『国指定重要文化財 旧松本邸(西日本工業倶楽部)』のオススメポイントは?

歴史を感じる旧邸宅で、挙式披露宴が実現可能


明治時代に建てられた日本庭園付きの洋館です。

 

東京駅の設計も手掛けた、日本近代建築の先駆者・辰野金吾氏が設計を手掛け、昭和47年に国指定重要文化財に指定されました。
当時の上流階級でも大規模な建築物である邸宅だったと言われています。

 

金毘羅山を背景にした庭園、四季折々に花をつける植物、永い間各界のVIPをもてなしてきた迎賓館で、大切な思い出となる結婚式が実現できます。

 

格式高い邸宅内にある、モダンな雰囲気の挙式会場

なんといってもクラシカルな雰囲気が魅力。チャペルも同じく、レトロな雰囲気です。

 

洋館の前のガーデンで、季節の植物が生い茂る中のガーデン人前式も人気があります。
日本庭園なので、和装での挙式も大変趣があります。
立ち見の場合は120名まで収容可能です。

 

大階段から入場可能なバンケット

元迎賓館ならではの上品なアールヌーヴォーの曲線が特徴的なインテリアです。
まるでVIPが訪れる晩さん会のんような、上品かつ華やかな雰囲気の中で、大切なゲストとのパーティーが実現できます。

 

時間帯によってはキャンドルの灯りの中、ロマンティックな雰囲気のパーティーも。お二人らしいテーブルコーディネートも可能。

 

敷居が高いと思われがちですが、ベテランスタッフによる心のこもったおもてなしで、お二人らしいパーティーも実現可能です。

 

各界の要人をもてなしてきた、和モダンの正統派フレンチ

長い歴史があり、迎賓館としても利用されてきた邸宅の、正統派フレンチ&モダン和風会席でおもてなししています。
一皿一皿、心のこめてシェフが作る料理は、お二人の希望を考慮したオーダーメニューも可能です。

 

国指定重要文化財 旧松本邸(西日本工業倶楽部)のまとめ

100年以上の歴史ある国指定重要文化財での結婚式が可能なこちらの会場。
本物を知る、大人のご夫婦に人気となっています。
日本庭園もあるので和装婚にも向いており、親子2代で挙式を行うなど、大切な思い出の場所として長きにわたって愛されています。

 

ただし、年間100組限定ということもありますので、ご予約はお早めに!